News

大韓航空では、お客様のペットを安全に輸送するため「ペット輸送のガイドライン」を変更いたします。

1. 受託手荷物でお預かりする短頭種(鼻の低い品種)輸送に関する制限

フライト中に鼻の構造に起因する呼吸困難や死亡のリスクが高い短頭種(鼻の低い品種)は、受託手荷物として輸送できません。こうした品種は、機内持ち込みガイドラインを満たす場合に限り、機内にお持ち込みいただけます。

変更前 変更後
- 受託手荷物扱い制限

下記の短頭種動物は輸送が制限されています。

2. 受託手荷物でお預かりするペットの最低年齢を変更

若齢のペットは貨物室での輸送の際、慣れない環境や飼い主と長時間離れることにストレスを感じやすいため、ペットが身体的に安定するよう、受託手荷物としてお預かりするペットの最低年齢が変更となりました。

変更前 変更後
8週
16週

3. ペットケージ(受託手荷物扱い)のサイズ制限を緩和

変更前 変更後
ケージの3辺(縦+横+幅)の和が246㎝(97インチ)以下
ケージの3辺(縦+横+幅)の和が291㎝(114インチ)以下
ケージの高さは84㎝(33インチ)未満

新ガイドライン施行日:2019年4月11日(出発日基準)

施行日以前に大韓航空がペット輸送を承認したお客様に対しては、この新ガイドラインは適用されません。


短頭種の犬猫一覧

  • 犬:アーフェンピンシャー、アメリカンブリー、ボストンテリア、ボクサー、ブリュッセルグリフォン、ブルドッグ、カネコルソ、チワワ、チャウチャウ、ドゴアルヘンティーノ、ボルドーマスティフ、イングリッシュトイスパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)、チン、ラサアプソ、ニューファンドランド、ペキニーズ、パグ、シャーペイ、シーズ、チベタンスパニエル
  • 猫:ブリティッシュショートヘアー、バーミーズ、エキゾチック、ヒマラヤン、ペルシャ、スコティッシュフォールド