乗り継ぎ手順:

便によって乗り継ぎ手順が異なる場合がございます。

乗り継ぎ空港または乗り継ぎ先の航空会社の状況や規定により、機内持ち込み手荷物を乗り継ぎ便にお持ち込みになれない場合があります。 

国際線から国際線への乗り継ぎ

(例:仁川−東京−ロサンゼルス)

  • 大韓航空国際線から、他の航空会社が運航する国際線に乗り継いで最終目的地に行かれる場合、通常どの航空会社でも、手荷物は乗り継ぎ便に自動的に運ばれます。
  • 最初の出発空港で手荷物をお預けになり、最終目的地に到着後、手荷物をお受け取りください。 

国際線から国内線への乗り継ぎ

ヨーロッパ内の国内線

(例:仁川−フランクフルト−ハンブルグ) 

  • 手荷物は最終目的地まで自動的に運ばれます。
韓国国内線

(例:ロサンゼルス−仁川−大邱)

  • 外国から韓国に到着後、韓国国内線にお乗り継ぎになる場合は、手荷物は自動的に運ばれません。手荷物を一度お受け取りいただき、次の乗り継ぎ便へお預けいただく必要があります。
  • 例外:大韓航空の乗り継ぎ専用便をご利用になり釜山にお乗り継ぎされる場合は、手荷物は自動的に運ばれます。(注記:仁川国際空港で入国管理を通過されるお客様は、乗り継ぎ専用便にはご搭乗いただけません。)
米国内およびカナダ国内の国内線 

(例:仁川−ロサンゼルス−サンフランシスコ)

  • 外国から米国またはカナダに到着される際には、必ず最初の到着空港で手荷物をお受け取りください。
  • 手荷物引換証には最終目的地が記載されていますので、税関通過後、乗り継ぎ便のお客様用のベルトコンベアに手荷物を乗せてください。
  • その後、国内線をご利用になる航空会社のチェックインカウンターにて座席指定を受けてください。
ほとんどの国の国内線:

(例:仁川−東京−福岡) 

  • オーストラリア、日本、ロシア、中国、インドを含む大多数の国では、手荷物は自動的に運ばれません。一度お受け取りになり、再度お預け入れいただく必要があります。