主要国で適用されるペット輸送に関する規制

 
以下に、比較的厳しい規制を適用する一部の国の規制を示します。これらはそれぞれの国の政策に応じて変更される可能性があります。詳細については、各国機関にお問い合わせください。
 

狂犬病非発生国のペット、または地域にかかわらず生後90日未満のペットは、以下の条件を満たしている必要があります。

  • マイクロチップを装着しなければなりません。
  • 政府機関が発行した公的な検疫証明書が必要です。
  • 証明書にマイクロチップのID番号が記載されていなければなりません。

上記の条件に加えて、狂犬病非発生国以外から入国する生後90日を超える犬・猫の場合、出国前30日~24か月の間に国際公認検査機関または政府機関による「狂犬病中和抗体」検査を受けたこと、および検査結果が0.5 IU/ml以上であったことが検疫証明書に明確に記載されていなくてはなりません。

狂犬病非発生国のリストと詳細については農林水産検疫検査本部のWebサイトを参照してください。