お身体の不自由なお客様

お身体の不自由なお客様を含め、すべてのご搭乗者の皆様に快適で利用しやすいサービスを提供させていただくよう尽力しております。大韓航空をご利用の際にお手伝いの必要なお客様は、予約係員に何なりとお申し付けください。

お客様にくつろぎの空の旅をお楽しみいただけるよう、喜んでお手伝いさせていただきます。

目の不自由なお客様、または耳の不自由なお客様

空港内でのエスコートをご希望の際は、喜んでお手伝いさせていただきます。盲導犬を同伴される場合は、盲導犬の追加料金は不要でご搭乗いただけます。

機内での医療アシスタンス

大韓航空では、国際航空運送協会(IATA)の罹患搭乗者輸送基準に該当する場合のみ、お客様に医療アシスタンスを提供しております。機内で医療的な措置、医療用酸素ボトル、ストレッチャーが必要な方はすべて、資格を持つ医師がご搭乗前の10日以内に発行した診断書(MEDIF)を付帯していただく必要があります。伝染病、または他のお客様を脅かす可能性がある症状をお持ちの場合も、ご搭乗に先立って診断書が必要になります。

ご予約時に、患者様が搭乗に耐えられる状態であるかどうかを確認させていただきます。航空旅行に適さない病状のお客様については、国際線の場合は出発の72時間以上前(他の航空会社への乗り継ぎがある場合は7日前)、韓国国内線の場合は48時間前までに、旅行申請を登録していただく必要があります。

ストレッチャーサービス

座位を保つことが困難なお客様には、こちらのサービスをご利用いただけます。

お客様には、付き添いの方の同乗を強くお薦めします。

運賃と手荷物に関する情報:
  • 韓国国内線・国際線ともに、患者の輸送には、大人1名分のエコノミークラス片道普通運賃6席分の運賃がかかります(例外:済州発着の韓国国内線は3席分)。手荷物許容量も6倍となります。
  • 韓国国内線では、同伴者1名様が無料でご搭乗いただけます。国際線では、同伴者にも通常運賃が適用されます。すべての便で、同伴者には通常の無料手荷物許容量が適用されます。

医療酸素ボトルサービス

こちらのサービスは、客室内で医療酸素ボトルが必要なお客様にご利用いただけます。

  • ファーストクラスおよびプレステージクラスのお客様には、追加料金がかかる場合がございます。
  • 酸素ボトルの機内への持ち込みは最大6本まで可能です。料金は国際線の場合ボトル1本につき100米ドル、韓国国内線の場合ボトル1本につき50,000ウォンです。

機内での呼吸装置

呼吸装置を機内にお持ち込みになる場合は、出発の48時間以上前までにお知らせください。

装置の規定:
  • FAA または該当国の規定に準拠するもので、証明書ラベルが付いているもの。 
  • 最長飛行時間の150%以上の持続力がある乾電池式装置のみ。
    (機内の電源は使用できません)
  • 装置の操作はお客様の責任において行っていただきます。
  • POC(携帯用酸素濃縮機)をご使用の場合は、ご予約時に医師の診断書をご提出いただく必要があります。

車椅子のご利用

サービスガイド
  • 大韓航空では、障がい、病気、高齢などの理由により身体を動かすことが困難なご搭乗者の方に車椅子をご用意しております。 
  • チェックインからご搭乗まで係員が付き添います。
    ご到着の際には、到着口まで係員が付き添います。このサービスには、空港ターミナル外への移動や、免税店でのお買い物など個人的なご用件での移動は含まれませんのでご了承ください。
  • 車椅子サービスは、事前予約をお持ちのお客様を優先します。当日空港でお申し込みいただいた場合は、すみやかにサービスを提供できない場合がございますのでご了承ください。
  • 車椅子ご利用時に、重く大きな荷物や、多数の荷物を運ぶことは危険です。機内持ち込み手荷物の規定に従ってください。

機内用車椅子も、ご希望によりご用意いたします。

お客様ご自身の車椅子
  • ご自身の車椅子のご使用も可能です。ただし、サイズが 幅:112cm、高さ:83cmを超える場合は、ボーイング737型機などの小さめの機材には積み込めない場合がありますので、ご出発前までにサービスセンターまでお問い合わせください。
  • 電動車椅子もご利用いただけますが、特定の安全手順が必要なためご予約時にお知らせください。
  • 大韓航空では通常、搭乗ゲートで車椅子をお預けいただき、到着ゲートでお受け取りいただきます。ただし、空港によっては空港施設の都合で、その通りにできない場合もございます。
  • ご自身の車椅子をご使用の際にも、移動のお手伝いは承ります。